地域再生医療コンソーシアム構想

CPCCPC(細胞プロセッシングセンター)

再生医療を支える細胞プロセッシング室

新潟大学医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センターの一角に細胞プロセッシング室(CPC)はあります。バイオクリーンルーム(BCR)、更衣室、エアロック室からなり、2名の培養士が常駐しています。BCRは、GMP規格・グレードBに保たれています。
設備紹介については輸血・再生・細胞治療センター:細胞プロセッシング室のページをご覧ください。

円滑で迅速な歯科再生医療の診療体制をめざして

プロセッシングを受けたヒトの組織や細胞を治療に応用するためには、安全性と高い品質管理が求められます。当コンソーシアムでは大学病院で培われたノウハウを社会に還元すべく、民間CPCでの試験培養をすすめ、品質評価や臨床試験を経て、患者さんへの移植が円滑に行える環境を整えてゆきます。

民間CPC(株式会社ピルム)